数列陶  

 数列を応用して、色土と白土の配合比を決め、何段階かの色の層を作ります。
それを用いて様々な表情を持った作品を作ります。

 専らフィボナッチ数列を使い、他に等差数列、三角関数正弦比、調和数列を使うこともあります。 

   
表題「とこめずら」
 
漢字だと「常珍」と書き、
 「常に新鮮だ。いつも愛らしい」(小学館古語大辞典、同大辞泉、同日本国語大辞泉)
「常に新鮮で古びないこと」(岩波広辞苑)
という意味。

上の段に50音、下段にいろはを当てはめ、「と」「こ」「め」「す」「ら」に当たる部分を三角または丸い陶板にしてある。さらに色の濃い順に「と」「こ」「め」「す」「ら」としてある。


   
表題「ひかりさとり」  

十二月八日は仏教では「ろうはち」と呼ばれ、重要な日である。(臘月八日、ろうげつようかをろうはちと略す)
難行苦行では悟りは得られないと感じた釈迦は、村娘スジャータの乳糜(牛乳で作ったかゆ)の布施を受け、気力の回復を図って、ピッパラ樹の下で観想に入った。
十二月八日の朝、東の空に一際美しく輝く明けの明星を見て、忽然と悟りをひらいた。(悟りを菩提ともいい、ピッパラはその後菩提樹と呼ばれるようになった)

十二個と八個の枠に囲まれた十二×八個の陶板は上部四十八個と下部四十八個にわけ、上はいろは四十八文字のうち「ひかり」の文字に金色を、下は五十音順のうち「さとり」の文字に銀色をほどこした。

 

 

白い恵那 赤い東京
青い名古屋 黒い京都
4つの会場でそれぞれ違う系統の色の陶板作品を発表したさいのメイン作


 
円周率千桁

円周率3.1415・・・と、千桁を陶板で表してします。
フィボナッチ数列を応用して九段階の色の層を作り、それに1〜9の数字を当てはめます。何も無い所は0です。
赤土、黒土、青土の三つの系列を作り、0が出る度に色を替えています。

赤い黄金分割比 青い自然対数 黒い円周率
フィボナッチ数列を応用して九段階の色の層を作り、それに1〜9の数字を当てはめます。何も無い所は0です。
黄金分割比1.6180・・・ 自然対数2.7182・・・ 円周率3.1415・・・と、各100桁を陶板で表してします。
赤い丸 青い三角 黒い四角
 
四 苦 八 苦は煩悩
4X9+8X9=108
数列陶時計  
以下の作品は、磁石を貼り付けた陶板を黒い鉄板に、磁力によって固定する作品で、配置を自由に変えることができます。